HOGOKEN CAFE

2016.04.03 (日)

さいたま市大宮に3月26日にオープンした「HOGOKEN CAFE」に行ってきました。

 

image

 

 

ここは大阪に拠点を置く、保護団体Love Fiveが運営するカフェ

 

IMG_5816

 

あまり馴染みがないと思いますが、埼玉では1号店になります。

 

image

 

気軽に誰でも利用できて、飲み物を飲んで、ちょっと一息できる空間です。

 

IMG_5831

 

カフェの中には動物保護団体から保護された犬達がいて、現在7頭が楽しそうに歩き回っていました。

 

IMG_5835

 

この子達は自由に触れ合えることができて、気に入った犬は条件が合えば引き取ることができます。

 

 

このようにカフェと譲渡会がひとつになったのが「HOGOKEN CAFE」です。

 

 

この日は、ブリーダー崩壊やパピーミル、ペットショップで処分寸前の犬達がお客さんと触れ合って、これからの生活に希望を持って犬達が遊んでいました。

 

 

 

保護犬というと閉鎖的な性格の犬をイメージする方もいるかと思います。ここのカフェの良い所は、毎日訪れるお客さんや、他の犬たちと常に触れ合っているので、毎日が社会化学習の場になります。初めて会う人に対して、とても人懐っこい印象を受け、遊びに来ていたお客さんは保護犬に対するイメージが変わるのではないかと思います。

 

 

この日もたくさんのお客さんが保護犬達と触れ合って、早速家族が決まったワンちゃんもいました。

 

 

スタッフさんも楽しい方ばかりでしたので、ずいぶん長居をしてしまいたした。

 

 

実はここは複合型施設で、ペットメディカルクリニック(動物病院)、T−DESIGN(ペットサロン)、そしてHOGOKEN CAFE(カフェ、保護犬譲渡)が併設されています。

 

IMG_5840

 

譲渡された犬達はペットメディカルクリニックで無料の診察が受けられるそうです!

 

 

身体の不自由な犬や、老犬も多い保護犬達にとっては、とっても強い味方の施設ですね。

 

IMG_5837

 

埼玉県では、ここ5年間で犬猫の致死処分率(私は殺処分という言葉があまり好きではありません)が3800頭から1600頭へと50%以上も減少傾向にあり、それは全国的に見ても減少しています。

 

 

以前に比べ犬猫の飼育件数も減ってはいますが、保護や譲渡という新しい家族の迎え方が少しずつ理解されてきているのも事実であり、保護団体等の懸命な努力の成果であるといえます。

 

 

私たち、愛犬家や愛猫家は常にこのような動物たちの存在を意識して、少しでも不幸な命を増やさないよう心掛けなければなりません。

 

 

「HOGOKEN CAFE」は大阪以外に関東では、東京八王子、千葉印西にもあるので是非足を運んでみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: HOGOKEN CAFE

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

080-3482-9131

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

コラムテーマ一覧

過去のコラム

⇑ PAGE TOP