お散歩練習 ラブラドゥードルのピポットくん【動画】

2016.05.09 (月)

今日のお散歩練習はオーストラリアン ラブラドゥードルのピポットくん10ヶ月

 

前回は横に付くヒールの練習をしたので、今度は横について歩くヒールウォークの練習。

 

 

 

引っ張ってるのは誰?

 

散歩中の引っ張りは、犬の飼い主さんのお悩みBEST3に入るほど多い相談です。

 

この引っ張りですが、実は飼い主さんが引っ張っているということを忘れてはいけません。

 

犬は楽しいことがあると先へ先へと進みます!

 

それを止めようとリードを引く飼い主さん!

 

すると犬にはもっと先に行きたい気持ちが生まれ、さらに引っ張る!

 

そしてまた飼い主さんがリードを引く!

 

という終わりのない綱引きのようなもの。

 

 

どうすれば引っ張らなくなるの?

散歩の引っ張りを解消するには、散歩中の犬にベストなポジションを教えてあげる必要がありますね。

 

それがヒールウォークです。

 

横に付くことで、安全で安心な場所という認識を持たせ、リードから伝わる刺激の軽減を教えてあげます。

 

ピポット君のビフォアフター

 

 

レッスン中のピポットくんも前後左右と自由に動く元気な犬なので、まずは飼い主さんのリードの持ち方から改善。

 

短く持てば横に付くイメージは持てますが、それだけでは引っ張りはなおりません。

 

まずはリードを長く持ってピポットの動きを見ながら横に誘導して座らせてみたり、そのまま1歩、2歩あるいてまた座らせたり。

 

ベストなポジションを教えてあげます。

 

動画のビフォアフターでも良くわかるように、ピポットと飼い主さんのレベルが上がってますね。

 

何度も何度も繰り返し、お互いにイメージがわかってきたようです。

 

オヤツをたくさん使って教える方法もありますが、リードワークでお互いにイメージをつかみ、上手にできたらボディータッチをしてたくさん褒めてあげるほうが犬は伸びていくでしょう。

 

今回もわずかな時間で動画のようなポジションまでレベルが上がったので、ピポット君のこれからが楽しみですね。

 

引っ張りが強い犬や
ヒールウォークの練習は
ZUTTO DOG の大塚 080-3482-9131 までご連絡ください。
お名前 *
メールアドレス *
お住まい *
連絡先(電話番号)*
犬種*
犬の年齢・性別*
体験申込み・
お問い合わせ・
ご相談内容 *

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: お散歩練習 ラブラドゥードルのピポットくん【動画】

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

048-708-6118

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP