夏に向けてのドッグフードの選び方

2019.05.21 (火)

5月に入り気温も徐々に熱くなってきましたね

 

これからの季節はドッグフードの保管に気をつけましょう。

 

気温が20度を上回る今の時期から秋口にかけては、ドッグフードが特に傷みやすくなる時期です。

 

傷みやすくなるとは、酸化の進行が早くなると言うこと。

 

酸化とは物質が酸素と結合することを言います。

 

ドッグフードの酸化は油脂が酸素に触れている状態を意味します。

 

酸化した油脂を含むドッグフードは、味や風味、色味などが変化する場合が多く、

 

それらを食べた場合、嘔吐や下痢、癌リスク、老化を伴った症状が出るとも言われています。

 

通常のフードは酸化防止措置として、「ビタミンC・E」「ミックストコフェロール」「ローズマリー抽出物」などの天然成分を使われますが、効果は製造から1ヶ月ほど。

 

人口の合成酸化防止剤である「エトキシキン」「BHA」「BHT」などの有害添加物を使われているメーカーもありますが、こちらでも効果は製造から2〜3ヶ月と言われています。

 

海外のドッグフードは通常、製造後に空輸し税関を通り、問屋から店舗に陳列されるまで約2ヶ月かかりますので、ほとんどの製品が酸化防止効果は終わっていると思って良いでしょう。

 

この時期のドッグフードの選び方や保存方法について

 

2週間で食べきるサイズを選び、それ以上の場合は1キロに小分けし冷蔵保存をしましょう。冷蔵後は家の中で温度が一番安定する場所なのです。小分けにできない場合は温度が低く暗所に保存しましょう。暗所に保存するのは蛍光灯の光でも酸化は進むのです。

注意:冷凍保存は解凍時に結露が発生しカビの危険性があるので絶対にやめてくださいね。

 

 

フード選びで一番注意したいこと

 

ズバリ!パッケージです

 

どんなに有名なメーカーであっても、どんなに高額なドッグフードであっても酸化防止措置がされていないパッケージでは全く意味がありません。

 

第一に真空パックであること!

 

そして窒素注入をして酸素を少なくしていること!

 

 

パッケージにこだわるメーカーは、原材料も間違ったものは使っていません。

なので、ドッグフードはパッケージにあり!と言っても過言ではないでしょう。

 

このようなことに注意して愛犬に安全で安心できる食生活を送ってあげましょう。

 

ペットフード販売士 大塚がオススメするドッグフード

 

やはり何と言ってもナチュラルハーベスト

 

ナチュラルハーベストのお求めはポイントがたくさんたまるZUTTO DOGで
→ http://zuttodog-food.jp/

 

ナチュラルハーベストのパッケージは真空窒素注入を採用、日本では唯一と言ってもいいでしょう。

 

そして、無添加、無着色、香料不使用、中国産を使わないヒューマングレードな原材料選びをした日本発の日本で暮らす犬のために作られたドッグフードです。

 

そして、夏の暑い時期は食が細くなる犬がとても多いですね。

 

我が家のオーストラリアンラブラドゥードルのディランも食べなくなる時があります。(パスくんはいつでも完食!)

 

そんな時はフードローテーションをお勧めします!

 

ローテーションセットはこちらから
→ http://zuttodog-food.jp/SHOP/119479/133149/list.html

ラム→ターキー→フィッシュ→イノシシのように数日毎に変えてあげるのも良いでしょう!

 

私たちも同じものばかりでは飽きますよね

 

ナチュラルハーベストに関することならなんでもお答えします!

ペットフード販売士の資格を持つ大塚があなたの愛犬にあったドッグフードをチョイスいたします。

 

ナチュラルハーベストは優良販売店4年連続受賞のZUTTO DOGで
→ http://zuttodog-food.jp/

 

無料サンプルもご用意していますのでお気軽にお問い合わせください

お電話 048−708−6118 大塚

メールは下のフォームから

お名前 *
メールアドレス *
お住まい *
連絡先(電話番号)*
犬種*
犬の年齢・性別*
体験申込み・
お問い合わせ・
ご相談内容 *

 

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 夏に向けてのドッグフードの選び方

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

048-708-6118

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP